アンチエイジング24時

ブログやるならJUGEM
<< クロス円はリスクヘッジになりません? | main |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
    ホームページに広告を貼り付けましょう
    0
      さあ、各広告主から審査通過のメールが届きました。
      実際に、自分のホームページに広告主の広告を貼り付ける時にいくつかの注意事項があります。
       ・あまりベタベタと広告を貼り付けない
         つい、多くの収入を期待して多くの貼り付けたくなりますが、かえって見辛くなります
       ・ページの内容とかけ離れた広告を貼り付けない
         旅行のページに電気製品の広告は違いますよね。但し、旅行関連の電気製品ならOKですよ
       ・ページはとにかく軽く作りましょう
         目立とうと思ってサイズの大きなバナー広告を貼りすぎると、ページは重くなります
       ・自分なりのコメントを書きましょう
         広告主からの紹介文もありますが、自分なりのコメントも追加すれば訪問者も安心します

      大切なのは、自分のサイトで扱う情報についてどれだけ知っているかということです。例えば、電器店に買い物に行ったことを想像してみて下さい。店頭で商品を説明している店員さんで安心してお願いできるのはどんな店員さんでしょうか?自動車販売の営業スタッフでも同じだと思います。その商品について詳しく知っていて購入者の疑問や不安に対しても、懇切丁寧に対応してくれるスタッフであれば長いお付き合いが出来るはずです。
      自分のホームページで扱う商品について詳しい説明や特徴などをキチンと書いてあれば、訪問者のためになります。また、もし質問があった場合も誠意をもって答えれば安心して購入に結びつくはずです。


      自分のホームページと関連したジャンルのバナー広告を貼ると、商品購入や資料請求等につながりやすくなります。例えば、車に関するホームページを訪問する人は車に興味がある人が多くを占めているので車に関するバナー広告であれば効果があります。ところが全く関係ないバナー広告を貼っても一部興味を示してくれる人以外は見向きもしてくれない可能性があります。ただ、ジャンルに全く関係なくても特別な意味を持つバナー広告ならば、契約のつながるケースもあります。お中元やお歳暮のシーズンにデパート等のお中元セールやお歳暮セールの広告を貼れば、車に興味を持って訪れた人でも利用してくれる場合は多々あります。

      ホームページで広告収入を得る場合に大切なことは、常にホームページに訪れて下さる方が欲しいと思える情報を提供することです。
      ついつい、自分中心のページ作りをしてしまいがちですが、これを忘れないようにしましょう。

      | anti24 | - | 10:26 | - | - | - | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 10:26 | - | - | - | -
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        このページの先頭へ